2021.03.23
音楽
日本をルーツに持つR&Bシンガー・JOYCE WRICE、豪華ゲストが参加した待望のデビュー・アルバム「OVERGROWN」をリリース!

アメリカ人の父、日本人の母の間に生まれ、急成長中のR&Bシンガー ソングライターであるJOYCE WRICE(ジョイス・ライス)が、待望のデビューアルバム 「Overgrown」 をリリースした。



このアルバムを手がけたのは2021年のグラミー賞最優秀楽曲賞を受賞し、2021年ゴールデングローブ賞にもノミネートされ、H.E.R., Victoria Monét、The Cartersなどを手がけるプロデューサーのD’Mile。14曲から構成されるこのアルバム 「Overgrown」にはLucky Daye、Masego、Freddie Gibbs、UMI、Kaytranadaなどが参加しており、既にリリース済みの「So So Sick」、「Falling in Love」の2曲を収録。「Falling in Love」はLucky DayeのデュエットEP「Table For Two」にも収録されている。



リリースにあたってジョイスは「私は一人っ子として育ったので、音楽、特にヒップホップとソウルミュージックは人生に喜びを与えてくれたものなの。このアルバムを作った目的は、決して夢を諦めずに、そしてなりたい自分になるためにどんなに大変でも喜びと自信を忘れずに旅を続けるように、人々をインスパイアして、勇気づけたかったからなの。」とコメント。また、今後の活動の中で「日本の音楽を作ったり、日本語で歌った曲を作ってみたい」と語った。




JOYCE WRICE「OVERGROWN」






収録曲

01. Chandler

02. Falling in Love (feat. Lucky Daye)

03. On One (feat. Freddie Gibbs)

04. Losing

05. You

06. Westside Gunn's Interlude (feat. Westside Gunn & Esta)

07. Addicted

08. Kaytra's Interlude (feat. Kaytranada)

09. Must Be Nice (feat. Masego)

10. Hot Minute Interlude (feat. Mndsgn & Devin Morrison)

11. Think About You

12. So So Sick

13. That's On You (Japanese Remix)(feat. UMI)

14. Overgrown





 


Pickup

Pickup