札幌発ヒップホップ集団 「JUGG RICH」より翔之介がニューシングル「DM」をリリース!

  • 2020/10/10

札幌の人気ヒップホップクルー「JUGG RICH」の中心メンバー・翔之介が、配信プロジェクト「100byKSR」より、2020年10月9日(金)にニューシングル「DM」にリリース。各種音楽配信サービスで配信がスタートしている。

 

昨年リリースされたEP「証」から約1年。今回リリースされた「DM」は、エモーショナルなTRAP BEAT上で、荒れ果てた幼少期を女手一つで育ててくれた母へのメッセージが赤裸に綴られた楽曲になっている。プロデュースは、NCBB、HOKT、YOUNG DAISなどのビックチューンを多く手がける大御所・JUN THA FINEST。

 

翔之介が所属する札幌発ヒップホップ集団「JUGG RICH」は、今年末にフルアルバムのリリースを控えている。アルバムリリースへ向けて、今後も勢いがさらに増す「JUGG RICH」から目が離せない。

 

翔之介「DM」

翔之介 DM

2020.10.9 Release.

 

ダウンロード・ストリーミングはこちら
http://smarturl.it/Shonosuke_100by

 

翔之介 Profile.

翔之介

最北の歓楽街”ススキノ”で生まれ育ち幼少期に父親の自殺を経験し、アル中で薬物中毒者の母親と共に荒れ果てた生活を過ごし、ひたすら刹那に生きていた。
中学校を1年でドロップアウトし、施設での生活や”部屋住み”をする中、彼の人生を変えたのはHipHopと、HipHopを通して出会った仲間や先輩達との出会いだった。

中学を卒業するころにTALKBOX PLAYER, PRODUCERの “Phonk Gee”との出会いが彼の情熱に更に拍車をかけラッパーとして生きる事を誓う。

キャリアの風向きは良いように思えたのだが闇との繋がりを断ち切れず薬物に溺れ人を裏切り、悲しませ、深い暗闇へと堕ちて行った。
その時期にとある出会いが彼を変える。
彼の闇は光で照らされ熱心な”クリスチャン ラッパー”となり光の指している方向へとふたたび力強く歩みだした。

力強い声と言葉、豊かな感性と強烈なバックボーンが彼の音楽を唯一無二のものとし、昨年8/23にはデビュー Digital EP [証]では弱さも強さも包み隠さず全てを吐き出している。
同作品のリリースパーティーでは地元アーティストとしては稀に見ない1000人近い集客を記録した。

今年末フルアルバムの発売を控えている札幌を拠点とする大所帯HIPHOP CREW、”JUGGRICH“のメンバーでありその中でも特に凄まじい存在感をかもしだしている。

その声、その姿勢は人を魅力し勇気付けるオーラを放ち、一年振りのリリースとなるシングル”DM“ はN.C.B.B, HOKT, YOUNG DAISなどのビックチューンを多く手がける大御所JUN THA FINESTをプロデュースに迎え、エモーショナルなTRAP BEAT上で女手一つで彼を育てた母へのメッセージが赤裸に綴られる。

かつての出会いが彼の闇を照らし導いたように、彼の音楽は人を勇気付け、ジャンルの垣根を超えて生きる人皆に届く様な”祈り”となっていくだろう。

 

Instagram
https://www.instagram.com/shonosuke_juggrich/





コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る