世界的プロデューサー/DJのDiploも注目する17歳の日本人アーティスト・Doulが、3週連続リリースの第二弾「BYE HOUSE」をリリース!

  • 2020/9/23

歌唱・作詞・作曲はもちろん、アレンジ・演奏、ヘアメイク・スタイリング、映像・ヴィジュアルなど、すべての表現を自己プロデュースする17歳のアーティスト・Doul(ダウル)が、3週連続リリース第二弾として2020年9月23日に「BYE HOUSE」をリリース。これにあわせて今作のライブバージョンのミュージックビデオも公開された。

 

Doulは9月16日にデビューシングル「16yrs(シックスティーンイヤーズ)」をリリース。世界的な音楽プロデューサーであり、年間30億円以上を稼ぎ出すDJのDiploがDoulのインスタグラムをフォローし、デビューしたばかりの「謎の日本人17歳アーティスト」が、エンタメ業界を中心に騒然とさせた。「16yrs」は、国内外の音楽配信サービスのプレイリスト入りを多数はたし、新人では異例の再生数叩き出している。

 

第二弾シングルとなった「BYE HOUSE」は、年代・ジャンルを飛び越え、懐かしくも味わったことのない新鮮さを感じさせ、「世界は家だけじゃない、窮屈なら外の世界へ飛び出して自分らしさを取り戻そう」というメッセージが込められた楽曲となっている。

 

全編英詞で歌い、世界進出を念頭に活動するDoul。9月30日にはアコースティックなテイストの「BYE HOUSE」と対照的なダンスチューン「Don’t」を3週連続配信の締めくくりとして発表する。

 

ダウンロード・ストリーミングはこちら
https://orcd.co/doulbyehouse

 





コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る