YOUNG DAIS (N.C.B.B) INTERVIEW

  • 2018/8/19

YOUNG DAIS (N.C.B.B) PROFILE.
良質なミュージシャンを数多く送り出した、恵みの大地北海道が生んだ6人編成のラップグループN.C.B.B(ex.North Coast Bad Boyz)の一員であり、ソロとして2枚のフルアルバムをリリース。北海道の中心より少し上の街、旭川市で生まれた彼は、豊かな土壌でのびのびと成長。その後、高校生というもっとも多感な時期をHIPHOPの本場アメリカで過ごす。

帰国後、北海道は札幌で結成されたHIPHOPグループN.C.B.B(ex.North Coast Bad Boyz)に加入。6人組という異色の構成、そしてそれぞれが主張する個性とファッション性でHIPHOPシーンに強烈なインパクトを与え「飛ぶ鳥を落とす勢い」という言葉が相応しい躍進を果たし、気がつけば彼らは「北海道のHIPHOPといえばN.C.B.B」という揺るぎない地位を確立していた。

その頃バイリンガルラップでいて歯触りの良いクリスピーなプレイスタイルが人気を博していたYOUNG DAISは、北海道のFM局NORTH WAVEで始まったHIPHOP番組「DDG THING」のパーソナリティーに抜擢される。LIVEで見せるクールな立ち振る舞いの反面、人懐っこく誰にでも愛されるキャラクターで北海道のお茶の間で愛されるようになり、グループの一員としてだけではなくYOUNG DAISとしてのパーソナルな部分に注目が集まるようになった。2009年頃からはYOUNG DAIS名義で数多くのアーティストの作品に客演参加。10年にも渡る音楽活動で得た洗練された音楽センス、抜群のラップスキルで、この頃からファンの間でYOUNG DAISソロ作品の発表が切望されるようになる。

グループとは一線を画すその多彩なビートのチョイスでファンたちを驚かすこととなった待望のファーストソロアルバム「PLAYLIST」(DDCB-17001)を2012年9月にSPACE SHOWER内に新たに設置した新レーベルCabron Musicよりリリース。デビューアルバムにして、これまで培った音楽活動の全てを詰め込んだ集大成である本作は、ソロとして今までとは違う角度からの新しいファン層の獲得に成功する。そして2013年5月にはファーストアルバムの発売から1年を待たずにセカンドアルバム「Accent」(PECF-3046)をリリース。セカンドアルバムではトータルプロデューサーとしてビートの選定、ジャケットのディレクション、客演アーティストの選定、コンセプトの組み立てまですべて自ら行うという手腕を発揮。演者としてだけではなく、「アーティスト」としてポテンシャルの高さを知らしめることとなった。

セカンドアルバムの発売後は精力的にリリースツアーで全国を回っていたYOUNG DAISだが、突如ファンや関係者の度肝を抜いたニュースが飛び込んでくる。井上三太著の人気コミック「TOKYO TRIBE」の実写版映画の主演に抜擢されたのだ。監督は『愛のむきだし』『ヒミズ』『冷たい熱帯魚』など、立て続けに中毒性のある作品を発表し日本の映画界で異彩を放つ園子温(その しおん)。

Youtubeで主演を公募するなど奇抜なキャスティングで話題を集めていたが、1000人以上の公募者の中からYOUNG DAISが抜擢され劇中では力強く心優しいムサシノSARUのリーダー出口海を演じる。映画「TOKYO TRIBE」は2014年8月30日より全国ロードショー。。

 

 

 

 

HIPHOPにハマったきっかけは?また音楽(Rap)を始めたきっかけは?

N.C.B.Bのメンバーであり、昔からずっと一緒にラップをしてきた恵庭のシュウです。これは確実に恵庭のシュウです。

楽曲を制作するときのこだわりは?

常に変化していますが、今は普遍的なテーマをトピックにしたり、曲を聴いた人が自分を投影出来るようなフレーズなんかを織り込むように意識して制作していますね。その人の曲にもなり得る曲って事にこだわりを持ってます。

LIVEをするときのこだわりは?

自分自身がグルーブに身を任せて楽しむ、会場にいる誰よりも。(笑) でも本気でそう思っていつもLIVEに望んでいますよ。

7月にリリースしたDJ PMX氏との『THE MOMENT』で一番伝えたかった事、表現したかった事を教えてください。

今回はコラボレーションアルバムということで制作したんですが、2人の中にアルバムとしての一つの大きなテーマみたいなモノはないんですよ。むしろ1曲1曲がバライエティーに富んでるという事が特色で。だから2人がかけ算するとこういう曲が出来るよってのが表現したかった事で。その中でタイトル曲の「The moment」は、DJ PMXと一緒に楽曲制作をしているこの「瞬間(moment)」を曲にしたいとお願いしていて。その瞬間を伝えたかったんですよ、しかも生々しく。だってDJ PMXは俺がクソガキでタダのヘッズだった頃から日本のHIPHOPを引率するようなアーティストだったわけですから、そういう尊敬してやまない大先輩にあたるアーティストと肩を並べてアルバムを作れるなんて夢みたいだったし、もっと言うならDJ PMXのお眼鏡にかなって、そこに辿り着くまでにはもの凄い苦労があったわけです。だから歌いたかったし、伝えたかった。

映画『TOKYO TRIBE』に出演されましたが、その経緯を教えてください。

園子温監督が今回の映画に、「実際にアーティストとして活動しているラッパーを映画に出演させよう!」という事で、都内の某レコーディングスタジオの一室にて3日間くらいに分けてかな? ラッパー達に合うという事になったみたいで。そのタイミングにちょうど自分のアルバムのプロモーションで東京に来ていたんですよ。そしたら運良く僕も飛び入りで監督にお会いする事が出来て。その時はまさか主演を務めさせてもらうなんて事は想像もしてなかったですけどね。(笑) 後日、海役でオーディションをしたいと連絡をいただいて、オーディションの末今回の役に抜擢されました。

良くも悪くも様々なジャンル (HIPHOP,EDM,R&B,HOUSE…etc) がMIXされている現在のCLUBシーンをどう思いますか?

元々HIPHOP自体が色んなモノとMIXされたり、色んな音楽をサンプリングし、科学反応を起こして常に面白い変化を遂げているから。 それでいいと思います。別に楽しみたい方法でみんなが音楽と楽しめればいいと思うし。それに時代は変わるし、変わったとしてもHIPHOPに対する自分の愛や、自分の好きなHIPHOPは今までと何ら変わりませんから。イチアーティストとして「HIPHOPを盛り上げて行こう!」。それに尽きます。

北海道の好きな場所、好きな食べ物を1つずつ教えてください。

北海道の全ての場所に魅力を感じますよ、なぜなら北海道って春夏秋冬があって、季節感がはっきりしているじゃないですか。そこに北海道の魅力を感じるんでね。そして「布袋の中華」。ここのおやっさんの中華が大好きなんですよ、ずっと昔から。

今後の活動、動きなどを教えてください。

映画「TOKYO TRIBE」がやっと公開になります。そして今年はN.C.B.Bの10周年イヤーなんですが10周年を記念したアルバム制作も佳境です。

最後に”NORTH NAVI”を見ている皆さんに一言お願いします。

これからも北海道からどんどん次ぎなる話題を提供していきますので、ツイッターやインスタ、フェイスブックといったSNSで動向をチェックして下さい、よろしくお願いします。

 

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 笠原瑠斗

    2020/10/17

    心揺さぶる「New Neo Sweet Soul」2年ぶりとなる待望のEP「are you down tonight」をリリースした笠原瑠斗のインタビュー

    笠原瑠斗 INTERVIEW 心揺さぶる「New Neo Sweet Soul」 2…
  2. 2018/8/21

    大門弥生 INTERVIEW

    大門弥生 profile. ブラックミュージックに強く影響を受け、得意のダンスを武器に 作詞作…
  3. 2018/8/21

    NEIGHBORS COMPLAIN INTERVIEW

    NEIGHBORS COMPLAIN profile. Oto VO/KEY、Kash B/CHO…

ピックアップ記事

  1. 2018-8-21

    NEIGHBORS COMPLAIN INTERVIEW

    NEIGHBORS COMPLAIN profile. Oto VO/KEY、Kash B/CHO…
  2. 2018-8-19

    2013年3月にm-flo名義によるニューアルバム「NEVEN」をリリースした☆TAKU TAKAHASHIのINTERVIEW

    ☆TAKU TAKAHASHI INTERVIEW ■ m-floを始めたきっかけについてお聞かせ…
  3. 2019-2-21

    0番地珈琲店||札幌すすきの、とある地下の昭和飲食街に位置する珈琲店

    札幌すすきの。とある地下の昭和飲食街に位置する、ノーチャージで珈琲と酒が楽しめる「0番地珈琲店」。コ…
ページ上部へ戻る