モッチェ永井 INTERVIEW

  • 2018/8/20

モッチェ永井 profile.

2007年よりウッドベース奏者としてスカ・ロックステディなどのジャマイカンミュージックを演奏する「The eskargot miles(ジ・エスカルゴマイルス)」に参加。福岡サンセットフェスティバルへの出演(’07、’12)や幾つかの音源リリース、韓国でのライブ等を経験。スラム・スチュワートのベース&スキャット真似を始めた頃だったか、はたまた今は亡き恋人に歌を褒められた時だったかー2012年「思うところあって」バ ンドを脱退し、ギター1本の弾き語りを始める。居酒屋の座敷から深夜のダンス・パーチーまで、ところ構わず演奏し人気を得る。2013年末、1st弾き語りCD「まちのあかりをけして」を自主リリース。明るいキャラクター、楽曲を裏切るようなネガティブな世界観と、よく通る(大きすぎ る)歌声が共感を呼び、ジャマイカン・カントリーや黒人歌謡といったウレシイ評価も得ながら通算1300枚以上を販売。2014年、ナニワのバリトンサックス奏者「浦 朋恵」と意気投合。名古屋、京都、大阪などを回り、夏には浦のバンドメンバーとして、コーラス・ギターで参加。エマーソン北村(キセル等サポート / ex. JAGATARA / ex.MUTE BEAT)、岡地 曙裕(吾妻 光良&スィンギンバッパーズ、ex.ボ・ガンボス)リン・テ伊藤らと共にFUJI ROCK FESTIVAL2014のステージで大きな声を出す。またこの頃より、少しづつバンドスタイルでの演奏が増え、体重は90kgを超えたー。

 

 

スカ・ロックステディなどのジャマイカンミュージックを演奏する「The eskargot miles (ジ・エスカルゴマイルス)」ではウッドベース奏者として活躍されていましたが、ソロ活動をスタートしたきっかけは?

 

元々歌うことは好きでしたが、ベーシストとして活動していました。スカやロックステディを通過して、古いジャズやソウル/ブルース/ゴスペルなどに耳が向かうと、すぐにサム・クックに夢中になりました。同じ頃、今野英明さん(ex.ROCKING TIME)とバンドを組んで、歌う背中を見せてもらったり、スラム・スチュワートのユニゾンスタイルのベース&スキャットを真似し始めたあたりから、漠然とシンガーソングライターとしてソロで活動してみたいと考えるようになっていました。なかなか重い腰を上げられずにいましたが、転機は5年前の3.11でした。「いつか」はないんだと痛感し、一念発起してソロ活動を始めました。

 

昨年リリースされた1stアルバム「MOCCHE NAGAI」ではインパクトのあるモッチェ永井さんの歌声にソウル・レゲエ・ブルースなど様々なジャンルの要素が、各楽曲に散りばめられている感じがしたのですが。

 

ありがとうございます。好きなルーツ音楽を胸に、やりたいことをほとんどやりました(笑)どの曲も思い入れが強いですが、特に、エマーソン北村さんによるオルガンが印象的な「あっというまなんで(After You’ve Goneカバー)」は、今回楽曲提供(※「涙でズルボロだ」)ならびに演奏してくださっている浦朋恵さんらと共に、ある晩吉祥寺のライブでエマーソンさんに弾いてもらったテイクが感動的で忘れられず、今回熱望して演奏して頂き実現しました。
他にもスカやロックステディ、ドゥワップやブルースなど、カバー、オリジナル問わず、通して楽しめる内容になったと思います。今後はちょっとワルソーな初期R&Rや、ハチロクのタメが効いたソウルナンバーなんかをやってみたい。。そこには音のキラキラしたピアノが欲しい…ピアニスト絶賛募集中です!

 

ミディアムテンポで明るい楽曲の中にも、歌っている内容は意外とネガティブだったり、という点が印象的だったのですが楽曲制作の時のこだわりなどはありますか?

 

「うんうん」「わかるわかる」と聴いていて、急に「エッ」となるような、共感と違和感の応酬がある音楽にシビレたりもするので、敢えてギャップを意識することはあります。とはいえ、よく「見た目ほど陽気じゃないよね」と言われるので、ネガティヴな歌詞は、自分がよく出ているかもしれません(笑)
制作の上では…聴き手として、最初にレコードに針を落とすときの「ヤバイね!」という感覚を常に意識していたいと思います。

 

北海道でのLIVEは4月22日に岩見沢、23日札幌、24日苫小牧となっていますが、どのようなLIVEを見せてくれるのでしょうか?

 

ギター1本の弾き語り…もといソウル/ブル〜ス感タップリの弾き”叫び”をご堪能ください。皆で歌って踊れること請け合い、マイクいらずの大音量に注目です(笑)

 

それでは今後の活動について教えてください。

 

たくさんライブをやります!次作へのレコーディングも控えております。詳細はホームページや各種SNSでご確認頂ければ嬉しいです。ぜひ楽しみにしていてください!

 

最後に “NORTH NAVI” をご覧の皆様にメッセージをお願い致します!

 

音楽は3分間の魔法!好きな音楽のひとつが、僕の音楽であったらこれほど嬉しいことはありません。ありがとうございました!

 

 

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 2018/8/19

    DJ IZOH INTERVIEW

    DJ IZOH from SUPER SONICS (2012 DMC WORLD CHAMPION…
  2. 2018/8/19

    DAISHI DANCE INTERVIEW

    DAISHI DANCE PROFILE. 札幌を拠点に活動するHOUSE DJ/PRODUCER…
  3. 2019/1/17

    tilde||アットホームで温かい空間が落ち着くダイニングバー

    「tilde」は、つながりという意味でつけました。 人のつながりを大切にしたいので これから…

ピックアップ記事

  1. 2020-9-8

    さっぽろレインボープライド実行委員会とDJとして活動するmiyukiの対談||「さっぽろレインボープライド2020」やLGBTの現状について語る

    性的マイノリティの存在を主張したり差別の解消を訴えることを目的に、北海道札幌市で開催されるパレード「…
  2. ハヤシ商店

    2019-6-28

    ハヤシ商店||旅好きな兄弟が営む、世界の料理とお酒を楽しめるお店

    CONCEPT コンセプトは『小さな旅』。 日常の喧騒を忘れて非日常を感じられる場所。 都会の…
  3. 2018-8-21

    ISEKI INTERVIEW

    ISEKI PROFILE. 1980年10月17日生まれ A型 身長173cm 出身:神奈川…
ページ上部へ戻る