スパゲティコード・ラブ
©『スパゲティコード・ラブ』製作委員会
公開日2021.11.26(Fri)
サツゲキ
監督
丸山健志
脚本
蛭田直美
出演
倉悠貴、三浦透子、清水尋也、八木莉可子、古畑新之、青木柚、xiangyu、香川沙耶、上大迫祐希、三谷麟太郎、佐藤睦、ゆりやんレトリィバァ、土村芳

イントロダクション

MONDO GROSSO「ラビリンス[Vocal:満島ひかり]」をはじめ、トップアーティストのMVや、ナショナルブランドのCMを手掛けてきた映像クリエイター・丸山健志が、満を持して長編映画監督デビューを飾る。丸山監督が『五億円のじんせい』(19) の脚本家・蛭田直美と共に書き下ろしたオリジナル脚本。現代の東京を舞台に、自らの存在意義や居場所、愛情を求めてさまよう13人の若者の姿をドラマティックに描いていく。

池田エライザの監督作『夏、至るころ』(20)で映画初主演を飾り、『街の上で』(21)や『うみべの女の子』(21)等、急速に活躍の場を広げる倉悠貴、カンヌ国際映画祭で4冠を成し遂げた『ドライブ・マイ・カー』(21)でヒロインに抜擢された三浦透子、『東京リベンジャーズ』(21)が大ヒットを記録した清水尋也、ポカリスエットのCMで注目を浴び、Seventeenの専属モデルを卒業後、本作で映画初出演を果たす八木莉可子、『本気のしるし』(19)の土村芳、ゆりやんレトリィバァといった多彩な若手キャストが集結。

上海国際映画祭GARA部門、JAPAN CUTS Next Generation部門、バンクーバー国際映画祭Gataway部門など、各国際映画祭に選出され、評価を高めてきた本作。インターネットが発達し、SNSが台頭し、デジタルネイティブなZ世代が社会の中核になっていくであろういま。彼らのリアルな"心根"に触れた、新時代の青春群像劇が誕生した――。

ストーリー

舞台は、様々な若者の夢と憧れ、苦悩がひしめく現代の東京。

現在/過去の恋人同士、仕事仲間、客と従業員......。大都会・東京でさまよい、もがく13人の関係性が次第に明かされ、それぞれの行動が複雑に連鎖。やがて各々の物語は、思いもよらぬエンディングに向かっていく。

関連記事