護られなかった者たちへ
©2021 映画 「 護られなかった者たちへ 」 製作委員会
公開日2021.10.01(Fri)
札幌シネマフロンティア、ユナイテッド・シネマ札幌 ほか
監督
瀬々敬久
原作
中山七里「護られなかった者たちへ」(NHK出版)
出演
佐藤健、阿部寛、清原果那、林遣都、永山瑛太、緒形直人 ほか

イントロダクション

「このミステリーがすごい」受賞作家・中山七里の傑作小説を映画化した『護られなかった者たちへ』。
殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根役に佐藤健、彼を追う刑事・笘篠役を阿部寛が演じるほか、清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人という豪華演技派キャストが集結。
監督は瀬々敬久(『64-ロクヨン-前編/後編』)、脚本は林民夫(『永遠の0』)・瀬々敬久と、これ以上ない布陣で贈る第一級のヒューマン・ミステリー。

ストーリー

東日本大震災から10年目の仙台で、全身を縛られたまま放置され“餓死”させられるという不可解な殺人事件が相次いで発生。被害者はいずれも、人格者として知られた人物だった。
捜査線上に浮かんだのは、別の事件で服役し出所したばかりの利根(佐藤健)という男。刑事の笘篠(阿部寛)は、利根と被害者たちとの接点を見つけ出し彼を追い詰めていくが、決定的な確証がつかめないまま、第3の事件が起きようとしていた―
なぜ、このような殺し方をしたのか?利根の過去に何があったのか?さまざまな想いが交錯する中、やがて事件の裏に隠された、切な くも衝撃の真実が明らかになっていく―

 

関連記事