LOVE LIFE
© 2022 映画「LOVE LIFE」製作委員会&COMME DES CINEMAS
公開日2022.09.09(Fri)
サツゲキ、イオンシネマ江別、シネマトーラス(9/10〜)ほか
監督・脚本・編集
深田晃司(『淵の立つ』『本気のしるし《劇場版》』)
出演
木村文乃、永山絢斗、砂田アトム、山崎紘菜、嶋田鉄太、三戸なつめ、神野三鈴、田口トモロヲ

イントロダクジョン

第79回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門、第47回トロント国際映画祭に正式出品決定。突如突き付けられた孤独と向き合うことで何が見えてくるのか。そして、浮かび上がってくる愛するとはどういうことなのか。主演・木村文乃が演じるひとりの女性をとおして、「愛」について「人生」について描いた物語。矢野顕子の名曲「LOVE LIFE」を、現代の奇才・深田晃司監督が独自の視点で新しい映画として紡ぐ。

ストーリー

妙子(木村文乃)が暮らす部屋からは、集合住宅の中央にある広場が一望できる。向かいの棟には、再婚した夫・二郎(永山絢斗)の両親が住んでいる。小さな問題を抱えつつも、愛する夫と愛する息子・敬太とのかけがえのない幸せな日々。しかし、結婚して1年が経とうとするある日、夫婦を悲しい出来事が襲う。哀しみに打ち沈む妙子の前に一人の男が現れる。失踪した前の夫であり敬太の父親でもあるパク(砂田アトム)だった。再会を機に、ろう者であるパクの身の周りの世話をするようになる妙子。一方、二郎は以前付き合っていた山崎(山崎紘菜)と会っていた。哀しみの先で、妙子はどんな「愛」を選択するのか、どんな「人生」を選択するのか......。
 

関連記事